運営メンバー

■代表/英語担当講師 國見佳代子

テレビ東京名古屋支社をへてナゴヤヒルトン勤務後、夫の海外赴任によりアメリカ オハイオ州に居住。子育ての傍らフィンドレー大学に通ったり、現地校などのボランティアをする中で、子供が語学を身に付ける過程や日米の教育方針の違いなどを考察する。またアメリカの文化や芸術に触れ、大小のイベントにも関わる。帰国後、英会話講師を努めつつ、様々な活動を行う。2013年に映画監督の加藤行延氏と出会い、安城市を中心に制作された市民映画『琥珀のような空』(2015)の脚本・プロデューサーを務める。

2018年にグランチャプロジェクトを立ち上げ、パフォーマンスグループ グランチャを結成しミュージカルなどを上演。2019年10月に安城観光協会委託事業として沖田 円原作 ミュージカル神様の願いごとをプロデュースした。

■副代表/ダンス担当講師 本吉真寿美

愛知県安城市出身。
16歳からジャズダンスを始め、高校卒業後、ミュージカル集団『俳優館』附属養成所に入所。
同劇団養成所卒業後、本格的にダンスを学ぶため、名鶴ひとみ先生を師事。N.S.D.カンパニーに入団。
以降15年にわたり、ジャズダンス、バレエ、ヒップホップ、タップを徹底的に学ぶ。
同カンパニー在団中、数多くの舞台、イベント、TVなどに出演、振り付けや演出などを担当した。
他にも、14年間にわたって、オールジャンルを指導するマルチインストラクターとして数多くの講座を担当。
2009年4月に独立。安城市御幸本町に『ダンススクエア MARTH(マース)』を設立。幅広いジャンルと年齢層を対象としたレッスンを提供し、若手の育成に力を注ぐ。
2014年1月に安城市朝日町へ移転し、活動を広げている。
2016年よりダンサーとしての活動を再開。
2017年「DANCE OF LIFE」公演に参加。
2019年「TOP SEEKERS」立ち上げメンバーとして参加。
2019年4月から名古屋短期大学 非常勤講師(ダンス)としても活動中。

<主な出演歴>
1997年 ナゴヤドーム竣工セレモニー
2003年 メーテレ新社屋完成披露パーティー
2007年 名古屋港開港100周年記念式典
 他、舞台、イベント、TVなど多数

<TVCM振付>
・服部家具センター
・がんこ炎がんこ亭
・フードリエ「パリッと朝食」
・プライムツリー赤池

■歌唱担当講師 本多晴道

13歳から渡辺プロ東京音楽学院でレッスンを受けながら、子供ミュージカルなどに多数出演。16歳で地元ライブハウスにて弾き語りデビュー。20歳頃からバンド活動を開始し、その後単身上京。原宿・下北沢・中野のライブハウスなどで精力的にライブ活動を行ったり、作家としてレコード会社へ作品を提供したりする。現在は地元愛知でフュージョンバンドのキーボーディストのほか、ソロ活動や共演・サポート、ボーカル講師、映画音楽・CM音楽の制作等幅広く活動。最近では『安城市観光PR動画コンペ』(2017)で2位の「安城おいでんサンバ」、3位の「安城の女」で使用している歌の作・編曲を担当。
主な作品(音楽制作):「映画「タカハマ物語2 心のツバサ」(2016)、映画「琥珀のような空」(2015)、CM「西尾市制60周年記念CM」(2014)

■演技担当講師 谷口範子

東京都出身。歌人の母を持ち幼少期から言葉の英才教育を受け育つ。
10代は東京宝映所属し、演技の基礎を学ぶ。
20代はコピーライター集団企画スーパースタジオにて「流行りの仕掛け人」として横浜みなとみらい、アルタ電光掲示板等の企画に携わる。
1999年安城市にて劇団優麗館旗揚げ。安城市を拠点として脚本、演出、役者として数々の作品を手掛ける。また近隣高校への脚本講師、演技指導、先生への1日講師を行う。
2005年よりユニット劇団「芝居小屋蓮」始動し、施設公演、小学校創立記念公演等手掛ける。
役者業としては2005年愛知勤労会館にてクダンプロジェクト天野天街演出「真夜中の弥次さん喜多さん百人芝居」出演するほか、近隣劇団客演多数。
2015年演劇集団め組・こども演劇集団芽組を旗揚げし、代表、演出、脚本を務める。ユニークな活動をしている個人や団体にオファーし、演劇との可能性を追求。劇場や概念に囚われず、プラネタリウム公演や女性のみのキャストスタッフ公演など行っている。こども劇団では未来の演劇人を育成しながら、近隣中学で演劇講座を開催している。